【水と親しむ】米沢市にある水辺の楽校を紹介

河川公園

水辺の楽校多目的広場 米沢市

水辺の楽校多目的広場とは

河川公園

米沢市にある水辺の楽校は、川や野鳥に親しんで貰えるように作られた公園です。

最上川の上流である松川沿いに作られ、夏は川遊びやバーベキュー・冬は白鳥は飛来するスポットとして、市民から親しまれています。

水辺の学校の公園内は

  • 川の水と触れ合えるじゃぶじゃぶ池
  • 水辺や野鳥を観察できる観察デッキ
  • 芋煮会やバーベキューができる多目的広場

の3エリアに分けられています。

こはる

今回ご紹介するのは、三番目のバーベキューが出来る多目的広場です。




水辺の楽校多目的広場の設備

多目的広場には、大体3メートル位離れてかまどが合計で5つあります。

このかまどはコンクリートで作られて頑丈そうです。そして、ここ以外は直火禁止のようでした。

こはる

一ヶ所のかまどのみブロックがありましたが、その他には円形のかまどしかありませんでした。

がっくん

前は全部にあったのかもね。なので、火にかける足付き網があると良いです。

トイレは多目的広場に一つと、対岸にあるじゃぶじゃぶ池の入り口にもう一つあります(写真は多目的広場のトイレ)。

トイレの中は和式。

こはる

近くに東屋が1棟ありますが、暑い日には念の為帽子などお持ちください。

こちらは観察デッキエリアで、バーベキューをする多目的広場からは、遊歩道で繋がっています。

冬になると白鳥が飛来するスポットで、観察や餌付けが出来ます。

こちらは多目的広場や観察デッキとは対岸にある、じゃぶじゃぶ池エリア。

こはる

じゃぶじゃぶ池の方は少し泥が溜まっていて、じゃぶじゃぶするにはもう少し綺麗だといいかなと思いました。取材したのは春先だったので、もしかしたら使用する季節には清掃するのかもしれません。

がっくん

見て歩く分には景色も良いし、水鳥が豊富なのでバードウォッチングにも良いかと思われます。

こはる

水辺の楽校の近くには、米沢市の伝統行事「裸餅つき」で有名な保呂羽堂があります。開催は毎年12月4日ですが、2020年はコロナで中止となりました。

トイレ2ヶ所
多目的広場
じゃぶじゃぶ池入り口
水飲み場あり
多目的広場
かまどあり(5ヶ所)
駐車場あり
多目的広場(約20台)
じゃぶじゃぶ池(約40台)
その他施設情報自販機なし
売店なし




水辺の楽校多目的広場の場所

場所山形県米沢市窪田町1940

開園期間4月上旬〜12月下旬

※雪の為冬季は閉鎖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eight − five =

ABOUT US
こはる
みなさん、初めまして。 「南東北お出かけローカル.com」ライターのこはるです。 十代で中型自動二輪の免許を取得し、それから地元である東北地方を旅する中で様々な経験をしました。その頃考えていた「あったらいいな」を形にしたくてこのサイトを立ち上げました。 南東北に住んで四十年以上、年齢は四十代後半、会社員の傍ら休日はもっぱら出歩いています。 愛する南東北の良さを、みなさんに少しでも届けることが出来れば幸せです。 文字ではなく写真のみで観光スポットを見たいという方は、下のリンクマークからインスタグラムへどうぞ。