【米沢市蕎麦】老舗蕎麦店「菊太郎 新富」のオススメ蕎麦をご紹介!

こはる

今日は米沢市にある老舗蕎麦店「菊太郎 新富」をご紹介します。

菊太郎新富は創業が昭和37年、平成10年にこの場所に移転されてからも、地元の人から愛されるお店に変わりはなく、今でもお昼時には混み合うお店。

それでは早速ご紹介していきましょう。

菊太郎 新富のオススメメニュー

天ざる

こちらはお店のオススメメニューの「天ざる」です。

こはる

ざるは2枚に分かれ、上には薬味に海苔がかけてあり、天ぷらには大根おろしとレモンが添えられています。

がく

そばの太さは、やや細。コシもあり、喉越しがすっきりとした味。

天つゆは甘めで、冷たいそばとの相性良し!

新富のつゆは、吟味した本枯れの節(かつお、宗田、さば)を1本1本削り、独自のブレンドでだしをとっているそうです。(お店の公式HPより)

こちらは、天ざるの天ぷら。

季節の野菜や定番の野菜がサクッと揚げられています。

本日は春の味、ふきのとうの天ぷらがありました。

今年初めて食べる旬の味です。

こはる

ふきのとうを食べると、春が来るんだなと感じますよね。

板そば

こちらが新富の板そば。

メニューに、当店一番人気メニューと書かれた「 板そば」は、二人前の量があります。

お店にいる間、この「板そば」に「イカ下足天」の組み合わせで注文している人が多くいらっしゃいました。

イカ下足天

そのイカ下足天がこちら。

新富のイカ下足天は大きく、食べごたえも充分!薬味に塩とレモンが付きます。

蕎麦湯

そして最後のおすすめは、締めの「蕎麦湯」です。

こはる

実は、おすすめの理由がその作り方にあります。

新富の蕎麦湯は、蕎麦を茹でたお湯ではなく、蕎麦を溶かして作られているのです。

だから、どのお店より濃い蕎麦湯を楽しむことが出来ます。

菊太郎 新富の店内

新富の店内は、テーブル席と小上がりの座敷席があります。

テーブル席は、半個室もあり、ゆっくりと食事を摂れる雰囲気。

菊太郎 新富のメニュー

菊太郎 新富の駐車場

新富の駐車場は店舗敷地内にあり、お店の正面だけでなく横にあり、全部で10台分以上のスペースがあります。

菊太郎 新富の場所と店舗情報

場所山形県米沢市城北1丁目8ー20
営業時間11:15~15:00
17:00~20:00
定休日木曜日
駐車場店舗敷地内にあり
公式サイト菊太郎新富の公式HP
ABOUT US
こはる
みなさん、初めまして。 「南東北お出かけローカル.com」ライターのこはるです。 十代で中型自動二輪の免許を取得し、それから地元である東北地方を旅する中で様々な経験をしました。その頃考えていた「あったらいいな」を形にしたくてこのサイトを立ち上げました。 南東北に住んで四十年以上、年齢は四十代後半、会社員の傍ら休日はもっぱら出歩いています。 愛する南東北の良さを、みなさんに少しでも届けることが出来れば幸せです。 文字ではなく写真のみで観光スポットを見たいという方は、下のリンクマークからインスタグラムへどうぞ。