【高畠×イタリア】目にも鮮やか、手間という魔法にかかった食材料理「an.(アンドット)」高畠町

皿の上のパスタ

高畠×イタリア 地元食材を使ったイタリアン「an.(アンドット)」

an.(アンドット)のおすすめ

皿の上のパスタ
サンマルツァーノトマトとリコッタチーズのパスタ

高畠町にあるイタリアンカフェ「an.(アンドット)」は、地元野菜をふんだんに使ったイタリアンが人気のお店です。

一度食べれば、ご主人の手間をかけられた料理達に感動する事でしょう。

こはる

一つ一つの食材をここまで大事に、手をかけ美味しくするその料理はまるで魔法です。

ガラスで作られた涼しげな器の上には、高畠町で育った野菜がふんだんに盛り付けられています。

形ある野菜の他にも、ソースやスープに姿を変えた野菜もあります。

手をかけられたお料理は、食材の栄養の他にも何か、特別なものも一緒に体に取り入れているような気がするから不思議です。

an.(アンドット)のランチ

an.(アンドット)は、ランチとディナーの営業があり、今回はランチのご紹介をします。

ランチメニューはその日の仕入れた食材によって変わるようですが、この日はたくさんの野菜を使用した前菜と、選べるパスタはサンマルツァーノトマトとリコッタチーズのパスタを選択。

【本日の前菜】

野菜とサーモン、とうもろこしの冷製スープ

【焼き立てパン】

丸パン

【パスタ】

サンマルツァーノトマトとリコッタチーズのパスタ

【一口菓子】

生チョコ

【ドリンク】

アイスティー

計1,540円(税込)

こはる

味ももちろんですが、器が凝っていて、見ているだけでときめくお料理でした。




an.(アンドット)そのほかのメニュー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

食堂an.(@an1205tkht)がシェアした投稿

画像出典元:an.公式Instagram

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

食堂an.(@an1205tkht)がシェアした投稿

画像出典元:an.公式Instagram

季節の食材を使用した料理は、是非ディナーでも味わってみたいです。

ある日のディナーメニュー

【先出し】

北あかりのスープ

【前菜】

鮮魚のカルパッチョ

【パスタ】

真鯛と芋のリングキッチー二

【お魚】

マーレミスト

【お口直し】

瀬戸内レモンのグラニテ

【お肉】

子羊のロースト

【ドルチェ】

チョコムース

【ドリンク】

珈琲、紅茶、ベニ大豆茶

※3,500円程と思われますが、詳しくは直接お問い合わせください。

がっくん

ここから下は菓子メニュー、こちらも季節やその日によって変わるようですので、内容はご参考までに。

メニュー表
  • よこやま菓子店知恵まんじゅうのフリットとバニラジェラート 380円
  • マスカルポーネとレモンのセミフレッド 350円
  • 季節のジェラート 200円〜250円
  • バニラジェラート 200円
こはる

町内菓子店のおまんじゅうを使ったフリットや、バニラから手作りしたジェラート等、期待の品々が並びます!




an.(アンドット)店内の雰囲気

黒い瓶に入った水

店内はカウンター席とテーブル席に分かれていて、ゆったりとした間隔で設置されています。

店内は木目を基調とした天井と白壁で、静かで落ち着いたスペース。

座席数も多くないので、隠れ家的な雰囲気があります。

店舗内観
こはる

ランチメニューは本当にお得で、この料理をこの料金で食べることの出来る場所は多くないと思います。

がっくん

これからドライブシーズンに突入しますが、高畠町に行ったら是非「an.(アンドット)」へ行ってみて下さい!

an.(アンドット)の場所と店舗情報

場所山形県東置賜郡高畠町高畠410-6
営業時間11:30-14:00 18:00-21:00
定休日水曜日
連絡先050-1176-7168
公式サイト高畠町an.(アンドット)公式Instagram

店内ディスプレイ
器に入ったラーメン
石で作られた駅舎
ABOUT US
こはる
みなさん、初めまして。 「南東北お出かけローカル.com」ライターのこはるです。 十代で中型自動二輪の免許を取得し、それから地元である東北地方を旅する中で様々な経験をしました。その頃考えていた「あったらいいな」を形にしたくてこのサイトを立ち上げました。 南東北に住んで四十年以上、年齢は四十代後半、会社員の傍ら休日はもっぱら出歩いています。 愛する南東北の良さを、みなさんに少しでも届けることが出来れば幸せです。 文字ではなく写真のみで観光スポットを見たいという方は、下のリンクマークからインスタグラムへどうぞ。